<スマホ版> TOP へ ■ PC版 TOP へ
熱伝導・放熱量の計算
空調計算のフリーソフトは、
         次のソフトを掲載しています。
熱伝導・放熱量の計算
熱負荷計算・熱量計算
ダクト圧力損失計算
…………………………………………………………
熱伝導・放熱量の計算 フリーソフト


 スポンサーリンク




伝熱計算

水タンク、空気ダクトの放熱、加熱計算をします。加熱時間、必要 ワット数、放熱による損失熱量、必要な断熱材厚さなどを計算します。


簡単熱伝導 2

解析初心者向けの3層構造に限定した、FEM熱伝導解析アプリケーションです。 構造モデルが3層と決まっていますから、データ入力がとても簡単です。 層の厚さと材料定数を入力するだけです。 非定常解析ができますから、時間変化する現象も手軽に解析可能です。軸対称も可能です。


2次元定常 熱伝導解析

2次元定常熱伝導解析を行うソフトです。 AutoCad2000,2004LTとExcelを使用して、熱伝導を有限要素法で解析します。 等温線のデータは、AUTOCADに転送され、等温線が作図されます。


2次元 熱伝導解析 セット

有限要素法による汎用的な、2次元熱伝導解析ソフトです。 有限要素法により温度変化を解析します。定常および非定常の解析が可能です。 2次元熱伝導解析と、FEM断面データの2本のソフトから構成されています。


温度くん 3

2次元のパーソナルな熱伝導解析ソフトです。 最大節点数は125です。 個人向けの温度解析ツール、学習用として、工夫次第でいろいろなモデルが解けることと思います。


熱伝導解析 2S

解析初心者にも簡単に使えるように開発された、2次元のFEM熱伝導解析アプリケーションです。 データ入力に際しては、次に入力する項目をガイドしてくれますから、何を入力すればいいか、迷うことがありません。 材料、形状、発熱、境界条件、保存と、それぞれ画面が展開して行きます。


保温厚さと放熱量の計算 エクセルシート

エクセルのシートで、最適な保温厚さと放熱量を計算します。 プラントの稼働時間と熱量単価などから、最適な断熱材厚さとそのときの放散熱量を計算するシートです。 JIS:A9501-1995の保温厚さ及び放散熱量の表に相当する計算です。



空調システムでは、外気冷房、全熱交換器を併用したときの制御方法の検討、蓄熱システムの運転制御方法の検討、 複数のエネルギー源の組合せの検討などのシミュレーションを行います。 空調設備以外の建築設備が関係する複雑なシステム、コージェネレーションシステムなどの最適化にも応用されます。 空調システムは、建築・設備の計画案の比較検討、合理的な空調ゾーニングの検討、機器の部分負荷特性を考慮した台数分割、 運転台数制御の検討などについてシミュレーションします。



 スポンサーリンク