<スマホ版> TOP へ ■ PC版 TOP へ
単純梁・連続梁・片持ち梁の計算
構造計算のフリーソフトは、
         次のソフトを掲載しています。
擁壁の計算 総合 重力式擁壁の計算
L型擁壁の計算 逆T擁壁の計算
もたれ、ブロック積
集水桝の計算 側溝の計算
ボックスカルバート 看板・広告塔・標識
モーメント計算 重心計算
構造計算、荷重計算 梁の計算
スラブの計算 RC断面の計算
…………………………………………………………
単純梁・連続梁・片持ち梁・固定梁の計算


 スポンサーリンク




(構造計算)Excel-Stシリーズ 「連続梁の応力計算」

エクセルにより連続梁の応力計算を固定モーメント法で行う(Excel 建築構造計算・機械設計)ソフトです。電卓で計算のチェックが可 能なので計算過程がよくわかります。


(構造計算)Excel-Stシリーズ 「CMoQoδの計算L版」

Excelにより、梁の固定端モーメント、単純梁の中央モーメント、剪断力・たわみの計算を行います。 計算式が全て表示される仕様としています。 ヘルプ、印刷、計算表の作成など、対話形式でExcel-Stの操作を簡単に行えるSTメニューがついています。


梁座屈計算システム I-N

圧縮梁の座屈計算を行います。日本建築学会・鋼構造設計基準に準 拠しています。JIS断面のうち、骨組計算に使用しそうな断面を対 象にしており、内部保有の要目データをサーチして、簡単に計算す ることができます。


Excel 梁の計算(1)

エクセルで梁強度計算ができます。単純梁のせん断力、反力、曲げ モーメント、撓み量、傾斜角の計算を行います。各梁と荷重形状の 図示を選択して、荷重・断面係数等を入力すると結果が出ます。 形状は61種類あります。


構造計算ツール

鋼製梁、ラーメンの応力計算及び断面算定を行います。 片持ち梁、単純梁、固定梁、門形ラーメンの応力計算、形鋼の断面 算定、形鋼の許容応力度の計算です。


STUT-CnB / 連続梁応力算定

連続梁の応力算定を行うプログラムです。 最大10スパンまで扱うことができます。 従来単位およびSI単位での入出力が可能です。 応力算定は、たわみ角法により行います。 各部材の部材荷重は、集中、等分布、三角、台形から選択でき、1部材に付き5つまで入力可能です。 各支点の支持条件は、固定、単純、ヒンジ、バネ、自由から選択可能です。 各支点の節点荷重は、集中、モーメントから選択でき、1支点に付き3つまで入力可能です。


鉄筋コンクリート造関係 : 柱・梁幅の最小必要寸法表

鉄筋コンクリート造関係:柱・梁幅の最小必要寸法表です。


梁のカブリ厚の計算

梁のカブリ厚の計算を行います。


 スポンサーリンク




Hari

Excel上で梁の撓みと応力を計算します。 梁の種類は両端支持と片持梁だけですが、実用性と入力の簡便性を重視しています。 等分布荷重に加えて複数の集中荷重(最大8個)にも対応しています。 最大撓みと最大応力の値を求め、その発生位置を出力し、撓み曲線とモーメント線図も合わせて出力します。


梁柱計算名人

梁・柱の強度計算、応力やたわみ等の計算を行うソフトです。 もっとも使用頻度の高い片持梁、支持梁、固定梁及び柱に限定し、一件当りの検討を短時間に 行うことができます。 各種材料に対する許容応力値、部材のサイズ毎の断面2次モーメント、断面係数等強度計算に必要なデータを内蔵しています。


2D frame 0022

EXCELで平面フレームの梁計算を行います。 所要のデータを入力すると、節点変位、部材端反力、支点反力を計算します。 手軽に計算できるので、構造部材の簡易チェックに、便利です。


梁強度計算(FEM) 梁(はり)専門

有限要素法(FEM)による、梁、BEAMの強度計算ソフトです。 有限要素法による計算のため、どんな荷重、拘束(固定)であっても難解な計算をすることなしに結果を得ることが可能です。 入力は直感的な操作が可能、物性は事前登録データが豊富、結果はグラフィカルで一目瞭然です。


フレーム 2D

2次元のFEM骨組構造解析ソフトです。大変形解析もできます。 はりを曲げた時に、長さ方向についても実際と同じ変形をします。 両端固定の薄板構造(曲げ剛性は少ないが、引張り剛性はあるもの)の解析も可能です。 強制変位による大変形が可能ですので、FPCのような大きく屈曲した際の応力解析や、一 端を移動した際の全体形状の検討も可能です。


小骨くん 1

小規模な2次元のFEM骨組構造解析を行うソフトです。 最大要素数が18と極小規模ですから、データ入力がとても簡単です。 1つの要素で、片持ちはり+集中荷重の変形を100%表現できる精度を持っていますので、 予備解析ツールとしていろんな場面で使えます。骨組構造の学習としても最適です。


小梁 Kさん

鉄骨の小梁を計算するソフトです。


断面力計算表 (単鉄筋長方形断面)

断面力計算表(単鉄筋長方形断面)です。SI単位でわかりやすい6列 計算表です。inputシートに計算条件を入力すると計算結果が出て 、outputシートに印刷します。



柱と梁は、構造の空間を産出するベース材であり、直棒ですが、機能が異なるため、呼び名も違ってきます。 梁のには、互いに反対向きの大きな力、上面が押し合う力、下面が引っ張り合うカが出現します。 材料の使用効率の悪い構造となる場合もあります。柱は、垂直材で、構造物の高さを作ります。 垂直方向に建物の重量を維持するため均一に圧縮する力ができ、力の芯線と支持力の芯線は同じ場所になります。 曲げ構造体は、部材の上下面が大きな力で抵抗するようになります。部材内部にできる回転力を曲げモーメントといいます。 構造体を形成する基本部材は、柱と梁です。 構造物を支える構造が、軸力構造体であるか、曲げ構造体であるかは、構造形態とかかる力によって定まります。