<スマホ版> TOP へ ■ PC版 TOP へ
AutoCAD フリーソフト
電子納品・CADのフリーソフトは、
         次のソフトを掲載しています。
AutoCAD JW_CAD
HO_CAD
電子納品 画像処理
PDFの作成・編集 電子印鑑
…………………………………………………………
AutoCAD フリーソフト


 スポンサーリンク




Dwg-Dxf 連続変換ソフト RunDxf

AutoCADをコントロールして、データ変換 dwg ←→ dxf を連続で行うソフトです。 AutoCAD単体ではデータ変換を一枚ずつ行う必要がありますが、 RunDxfを使用すれば、Drag& Drop + ボタン一押しで、複数の図面を一度に変換することができます。


DXFDWG

DXF、DWGの相互間で一括変換するソフトです。 DXFからDWG、DWGからDXF、さらに同一形式でも変換可能です。 書き込む際にはバージョンの指定ができます。


Excelの座標リストより、AutoCADに線と点名を描画する

Excelの路線座標リストより、AutoCADに、線と点名、路線を描画するソフトです。 AUTOCAD LT で動作確認しております。


SIMAデータをDXFデータへ変換ユーティリティー

測地データ交換用SIMAデータを、AutoDesk社交換フォーマッ トである、DXFデータへ変換します。


AutoCad 連続印刷 A-Print

AutoCadのスクリプト使って連続処理を行うソフトです。 DwgとDxfを連続印刷、Dwg-Dxf連続変換、Lha圧縮ファイル対応ができます。


ペーパーモデル化ツール

AutoCADのレイアウトをモデルに書き出すツールです。AutoCADが無くても動作します。 DWG/DXFに対応した簡易ビューア付きです。


超便利 AutoCAD 画層ビューワー Free版

AutoCADの画層に含まれる図形、オブジェクトを、画層単位に表示するフリービューワーソフトです。


AutoCAD 連続印刷&処理 スクリプター

連続印刷・DXF変換の決定版、印刷スタンプに対応しています。 図面ファイル毎に違った設定での連続印刷ができます。 図面ファイルからレイアウト名の取得が可能です。 出力デバイスの設定で連続PDF変換ができます。 DXFや下位のファイルバージョンに連続変換します。


座標取得&変換プログラム (AutoCAD連携)

座標一覧表のSima出力、CSV出力ができ、AutoCADのクリックで、座標値を自動取得できます。 AutoCADをクリックすると、その座標値をエクセルに返します。 エクセルで入力した座標値をSima出力します。エクセルで入力した座標値をCSV出力します。



作図するときに、コマンドラインにメッセージがでて、位置情報の入力を求められるます。 相対座標は、現在の点から、X軸、Y軸への距離を入力します。座標値の入力方法には、絶対座標・相対座標・極座標の3つの方法があります。 3次元CADのケースは、X軸、Y軸、Z軸を指定します。極座標は、現在の点からの長さと角度を入力します。 座標値を入力する機能です。 直交モード・極トラッキンク・グリッド・スナッブ・オブジェクトスナップGSNAPなどの機能を有効に活用します。 AutoCAD フリーソフトは、AutoCADのDWG・DXF形式対応、PDF変換ソフト、AutoC ADの画層ツール集・ビューワーソフトなどがあります。 AutoCADの座標点リストを取得、DwgとDxfを連続印刷、 Dwg-Dxfを連続変換などのフリーソフトが、ダウンロードできます。



 スポンサーリンク